フォレストピア学びの森 宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校

トップページこだま寮 > 寮運営方針と組織

寮運営方針と組織 

寮運営方針

寮教育目標

恵まれた自然環境のもとで、教師と生徒が起居をともにするふれあいや異年齢の生徒たちの交流を通して、協調性・独立心・判断力・忍耐力などを養い、共同生活のよさを最大限に活かしながら、知・徳・体の調和のとれた豊かな心を持ち、たくましく生きる人間の育成を図る。

寮生活を通して育む資質
  1. 共同生活に必要な自己管理能力を身につける。
  2. 共同生活を通して、自主性・自立性・協調性・忍耐力を養う。
  3. 共同生活の中で、自主活動を助長し、企画運営能力と指導力を養う。
寮生活の指導上の配慮事項
  1. 学校の悩みや精神的な不安に対応できる指導体制の確立に努める。
  2. 学校生活の中で発揮できない才能や能力等の開発や伸長に努める。
  3. 保健衛生、防災、交通安全等の安全教育に努める。
  4. 家庭訪問、保護者会、地域との交流会を多くもち、家庭や地域との連携による指導を工夫する。
  5. 施設・設備の維持管理に努めるとともに快適な生活環境づくりを工夫する。

寮関係職員組織

[1]ハウスマスター

教諭6名(内1名がハウスマスター長)

  1. 運営
    • 寮及び寮教育の企画・運営指導
    • 施設・設備の管理
    • 防災・安全管理の企画と指導
    • 行事の企画・運営
    • 校内各分掌・担任との連携
    • 各種生徒役員の指導
    • 環境整備その他諸管理とその指導
    • その他
  2. 生徒指導
    • 礼儀作法などの躾指導
    • 生徒指導や安全指導
    • 出欠・外出・外泊・帰省・面会等の許可及び指導
    • 個人面談と指導(カウンセリング)
    • その他
  3. 学習指導
    • 学習指導
    • 補習指導
    • その他
  4. 渉外
    • 関係諸団体との連携(特に地域との関係)
    • 保護者との連携
    • 視察者・見学者の対応
    • 広報
    • その他
[2]サブハウスマスター

教諭

宿直当直に毎日3名が当たり、ハウスマスターと連携を密にして、その業務(生活全般の指導、学習指導並びに生徒指導)に当たる。

このページのトップへ 前のページへ戻る