フォレストピア学びの森 宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校

トップページ本校で学びたい方へ > ここが知りたいQ&A

本校で学びたい方へ 

ここが知りたいQ&A

ここが知りたいQ&A 

学校の特色等に関して

学校の特色等に関して、中高一貫教育にはどのような利点があると思いますか?
学力だけでなく、人間力の育成に成果を上げています。

本校は、全国初の公立中高一貫教育校であり、平成25年度で20年目を迎えます。生徒全員が寮生活を送っていることもあり、異年齢集団による自治活動を通じて、コミュニケーション能力、社会性、協調性、忍耐力が育っています。また、6年間を見通した教育活動や1学年40名という少人数教育によるきめ細かな指導ができます。

 
五ヶ瀬町ってどんなところですか?
九州の「へそ」にある五ヶ瀬町は、九州中央山地の豊かな自然に恵まれた人口約5千人の町です。

日本最南端の天然スキー場もあり、春の新緑から秋の紅葉、冬の積雪まで、四季の変化を楽しむことができます。本校の多くの教育活動が、この豊かな自然と人情豊かな住民の方々に支えられて行われています。

 
五ヶ瀬中等教育学校の特色は何ですか?
夢につながる進路を実現するきめ細かな指導、体験から学ぶフォレストピア学習、自律心・自立心を培う全寮制教育です。

1学年40名で、学習面や生活面でも、きめ細かな指導が可能です。6年間を見通したカリキュラムを編成し、学年によっては、さらに少人数に分けて授業を行っています。その成果として、学校設立以来多くの卒業生が難関大学等に進学し、確かな進路実績を上げています。 

 
フォレストピア学習ではどんな力が育ちますか?
豊かな自然や地域の「名人」から体験を通して学び、人や自然に対する興味を高めるとともに、郷土や自然を愛する心を育てます。

自分でテーマを決めてレポートにまとめていく学習への取組が課題設定能力や課題解決能力を育てます。その成果が、大学のAO入試や推薦入試でも力を発揮し、よい結果に結びついています。

寮の生活に関して

全寮制教育のよい点は何ですか?
寮生活を通して好ましい人間関係を形成し、一生の友人をつくります。

自分のことは自分でする自己管理能力、縦の人間関係の中で学ぶ協調性、コミュニケーション能力、リーダーシップなど、現代の社会が求めている大切な資質を伸ばしていきます。

 
寮の生活に関して、寮の指導体制はどうなっていますか?
ハウスマスター、宿直者、寄宿舎指導員が常駐しています。

寮には、ハウスマスターと呼ばれる教員(勤務時間が午後から夜の10時前まで)が6名と宿直者の教員が3名(夕方から翌日朝まで)、それに寄宿舎指導員(寮母さん)4名(朝から夜の8時過ぎまで)が常駐しています。また、夜の寮学習にも多くの教員がかかわっています。

 
全寮制にともなう決まりは何ですか?
携帯電話、ゲームの持ち込みなど、寮生活に支障のあると思われるものは禁止しています。

電話は、寮内に多数設置されている公衆電話を利用し、電話のできる時間や家からの電話を取り次ぐ時間も細かく決められています。テレビも平日は朝食と夕食時のニュースだけですが、その分新聞や雑誌、書物などの活字にふれる時間が自然と増えます。

 
病気になったときには、どうしていますか?
病気の際は、症状に応じて病院に搬送しています。

毎日、朝と夜に点呼を行い、そのときに健康観察も行っています。欠席の際は、寮母さんが看病をしたり、食事を部屋に運んだりしてくれます。伝染性の病気や重い症状の場合には、保護者に迎えに来ていただいて帰省することもあります。

 
入寮後の帰省はどのようになっていますか?
原則として、毎週帰省することができます。

全員が帰省する「帰省日」と希望者だけが帰省する「帰省許可日」があります。帰省を希望すれば、原則として毎週帰省することが可能です。なお、帰省や帰寮の際には、特別にバスを運行する場合もあります(個人負担)ので、そちらを利用することもできます。

 

入学、入学者選抜検査に関して

入学、入学者選抜検査に関して、県外から入学することができますか?
出願の条件として、「入学する日までに本人及び保護者が宮崎県内に居住することが確実な場合」となっています。

平成19年1月に実施した入学適性検査から、県外児童の受検が認められています。ただし、出願の条件として、「入学する日までに本人及び保護者が宮崎県内に居住することが確実な場合」となっています。詳しくは、宮崎県教育庁学校政策課(TEL 0985-26-7239)までお問い合わせください。

 
どのような試験ですか?
入学者選抜検査は、適性検査と作文、面接により実施されます。

適性検査は、問題解決能力、思考力、判断力など、小学校の教育課程に基づく日常の学習によって身につけた総合的な力を見る内容となっています。また、作文は、課題文や資料などを聞いたり、読んだりして、理解力や読解力、表現力などを見る内容です。本校のホームページの中に過去の適性検査の問題を載せていますのでご覧ください。

 
どのような生徒に入学して欲しいですか?
寮では、洗濯や掃除など身の回りのことを自分自身で行うことになります。

そのため、自分自身の生活をきちんとコントロールできる自己管理能力が必要です。その他にも、学校説明会では、以下のような人に来て欲しい、と紹介しました。

・「やる気」のある人・・・「私がやります」とすぐ言える生徒
・「まじめ」に取り組む人・・・ルールや約束事を守ろうとする生徒
・「思いやり」を大切にする人・・・あいさつのできる、人と仲良くできる生徒
・「不思議」が好きな人・・・「なぜ?」と考え、質問する生徒
・「心も体も元気」な人・・・なんでも前向きに考えられる生徒

 

 
合格したら必ず入学しなければならないのですか?
本校に合格が決まっても、入学を辞退することができます。

合格内定後に入学の意思確認を行いますので、その際に決めていただくことになります。

 
途中での転入はできないのですか?
本校の教育目標は、中高一貫の6年間で達成されることを想定しています。

進路変更等で欠員がでた場合であっても、転入を認めておりません。

 
途中での進路変更(転出)はできるのですか?
安易に進路を変更することはできません。

本人の病気や家庭の事情等で進路変更している生徒もおり、進路変更は可能ですが、6年間を見通したカリキュラムを編成し、それに基づいて教育活動を行う中等教育学校ですので、安易に進路を変更することはできません。

 
卒業後は全員進学をしなければなりませんか?
本校は進学校ですので、ほとんどの生徒が大学等の上級学校に進学します。

これまで卒業後に就職している生徒もいます。必ずしも大学等へ進学する必要はありませんが、ほとんどの生徒が大学等の上級学校に進学します。

 
何回ぐらい保護者は学校に行かなければなりませんか?
年に3回参観日があります。

また、5月の連休や夏季休業、冬季休業などに生徒が帰省したり、帰寮したりする際に送迎していただく場合があります。なお、帰省や帰寮の際にそのためのバスを運行することもあります(個人負担)ので、そちらを利用することもできます。

 
 
このページのトップへ 前のページへ戻る