宮崎大宮高等学校のホームページへようこそ!

 本校は、1889年・明治22年に尋常中学校として開校し、旧制宮崎中学校や旧制第一宮崎高等女学校などを経て戦後の学制改革により宮崎大宮高等学校となり、今年度節目となる創立130年目を迎える県内ではもちろん、全国的にも歴史の古い伝統校です。

 旧制中学の六十年、新制高校の六十年をそれぞれの節目とし、普通科の通学区域が撤廃され県内どこからでも入学可能となった平成二十年からを、次の大宮の第三の時代と考え十年が経過しました。

本校の教育の理想とする人間像は、校歌にも歌われているように「真理を探り、美にあこがれ、善を行う、心身ともにバランスのとれた人間」であります。また、校是ともいえる「自主自律」、「稚心を去れ」、「質実剛健」は、これまで脈々と大宮精神として受け継がれています。

 本校の経営ビジョンとして、

1.「学び」の質を高める学習活動による学力向上・進路実現
2.「安心・安全の場」の保障による、生徒の自己肯定感の醸成と「チャレンジ力」育成
3.家庭・地域・同窓会及び関連機関等との連携によるキャリア教育等の充実
4.開かれた学校づくりと家庭・地域等との連携による「学校力」・「教師力」の向上

を掲げ、よき伝統・校風を継承すると共に、組織的な学校運営に努め、生徒の実態や環境の変化を踏まえながら学びの質を高めるなどレベルの高い指導を目指し、進化し続ける伝統校として「大宮ブランド」の確立に向け教職員一丸となって、更に魅力ある学校づくりに励んでいます。

 現在、普通科は1年7学級、2・3年各8学級、文科情報科は各学年2学級が設置され、文科情報科では、平成27年度から平成31年度までの5年間、SGH(スーパーグローバルハイスクール)指定校として、「国際社会で活躍できるグローバルリーダーの育成」を推進しています。

 在校生には、現在、地域からも教育界からも高い評価をいただいている本校で、大宮精神を理解し、自分をより一層成長させ、3年間の高校生活で様々なことに挑戦し、宮崎大宮高校の歴史の「新しいページ」を開いて欲しいと願っています。

 中学生の皆さん、学校の近隣には、宮崎神宮や県総合博物館・美術館・図書館・芸術劇場等の文化施設があり、学習環境に大変恵まれています。宮崎大宮高校で伸び伸びと勉学し、部活動にエネルギーを注ぎ、はつらつとした高校生活を送ってみませんか。

 校長 飯干 賢