行事記録 ~最近の学校の様子~

 既卒生訪問指導

 宮崎市内の予備校で、それぞれの「行くべき大学」に向けて頑張っている卒業生の激励に、旧3年担任全員、学年主任、校長先生で行ってきました。先生方一人一人から激励の言葉をもらったあとは、旧担任のもとに集まり、それぞれの現況報告などの情報交換をしました。

 卒業して早2ヶ月あまり、安易な妥協はせずに目標に向かって一心に努力している卒業生の姿に、頼もしさを感じました。旧3年担任の先生達も、元気に頑張っている生徒の姿を見て、ホッとしたり、逆に元気をもらった感じです。

 卒業した後も、連絡を絶やさず、できる限りの援助をしていきたいと考えています。

   
   
   
   

 東大金曜講座

 今年から、金曜日17:30~19:00に東京大学駒場キャンパスで開催される『東京大学金曜特別講座』を、本校でもライブ中継で受講できるようになりました。駒場の教室と全国50校あまりの高校をつないでの講義です。

 初回はノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章先生の『ニュートリノ』の講義でした。学校が休日だったにもかかわらず60名程度の生徒が参加しました。大変高度な内容でしたが、科学の最先端を垣間見て、学問研究の奥深さを感じることができました。

 第2回は『レアメタル』の講義で、科学・国際政治・経済等多方面からアプローチされた興味深い内容でした。本校3年生の甲斐文也君が最初に質問の機会を得て、先生から丁寧な解説をしていただきました。受講者全員で双方向ライブ中継の凄さを実感しました。

 前期は6月7月にあと5回の講義生中継を予定しています。IT技術の発達により、地方のハンディを感じることなく東京や全国の高校生とともに学べる時代になりました。

 今後とも、理系文系を問わず質の高い各分野の講義を、第一人者の先生から、リアルタイムで、聴ける機会を提供していきます。

   
   

 平成27年度東京大学訪問研修

 1年生普通科21名、文科情報科27名の計48名で東大訪問研修に行ってきました。福島瑞穂参議院議員をはじめとして延べ11名の本校OBの東大生、東大出身の先輩方がキャンパスの案内や座談会に来て話をしてくださいました。お茶の水3号館での東大についての講演、先輩との座談会、福島さんの講演、東大堀井先生のワークショップなど、東大の魅力を知るいい機会になりました。ワークショップには文部科学省、大学、高校関係者の方々も見学に来られました。堀井先生には今年8月に、ハーバード大学、オックスフォード大学など世界の有力大学の学生を招いての東大イノベーションサマースクールの本校での開催など、今後ともお世話になる予定です。

3月6日(日)
東京大学本郷キャンパス    ……OBによる案内、昼食歓談
総理官邸、最高裁判所、迎賓館、東京駅
駿台お茶の水3号館東大専門校舎……駿台の講演、OBとの座談会

3月7日(月)
参議院議員会館     ……本校OB福島氏講演「東大での学び」、国会議事堂・参議院              見学
東京大学駒場キャンパス ……OBによる案内、昼食歓談
東京大学工学部1号館  ……東大i.school executive director 堀井教授
                 Workshop「宮崎発地域イノベーション」

   
 東大赤門前で  東大正門から安田講堂を望む
   
 最高裁判所前で  お茶の水3号館でOBとの座談会
   
 福島さんの講演  東京大学工学部1号館
   
Workshop議論風景、後方は見学の方々   東大i.school堀井教授
   
 Workshop作業風景  Workshop発表風景

 1年生ディベート大会

 1年生普通科の「総合的な学習の時間」では,進路研究(職業・大学・学部学科調べ)をはじめ、小論文作成、ディベート大会等を行い進路選択のための情報収集だけでなく、読解力・表現力・客観的分析力・論理的思考力・発表能力・情報収集能力の向上を目指します。

 先日12月18日(金)には、6・7限の2時間を使ってクラスマッチ形式にてディベート大会が実施されました。各クラス4班に別れ、それぞれのテーマについて準備を重ねてきましたが、どの対戦も白熱したレベルの高い討論を展開してくれました。どの班も精一杯準備してきたことが感じられる、見応えたっぷりの行事となりました。

   
   

 2年生ディベート大会

 2年生普通科の「総合的な学習の時間」は,クラスの枠を越えて,同じ進路志望を持つ生徒同士が学部学科ごとに集まり(GG活動),学部学科研究レポートの作成や発表会等を行っています。このGG活動は,進路に関する情報を共有し,高い志を持って互いに切磋琢磨しながら,お互いの進路志望を固める機会としています。
 その一貫として11月11日(火)には,6・7限目の2時間を使って,客観的分析力・論理的思考力・発表能力・情報収集能力を身につけることを目的としたディベート大会を実施しました。1年時にもクラスマッチ形式でのディベート大会を行っていますが,一段とディベートの技術も向上し,論理的で白熱した討論の応酬が,各GG活動の会場でみられ,この1年間の成長を感じさせるものとなりました。

   
   
   
   
   

 既卒生訪問指導

 10月から11月初旬にかけて、宮崎や福岡は2回目、東京は初めての既卒生訪問指導を実施しました。特に、福岡や東京地区にはそれぞれ副校長先生、校長先生にも同行してもらい、旧担任の先生とともに浪人して頑張っている既卒生を訪問してきました。

 安易に「行ける大学」を選ぶのではなく、自分にとって妥協のない「行くべき大学」に向けて多くの既卒生が頑張っていました。各予備校の校舎長や受け持ちの先生から説明を受けた後、直接既卒生と面会して、体調を含めた今の生活の様子や、学習の状況を聞き、旧担任の先生からのメッセージを伝え、最後の追い込みの時期に備え、体調に気を付けて頑張るよう激励しました。

 卒業して7ヶ月あまり、中には全く見知らぬ土地で、悪戦苦闘しながらも一人黙々と努力している既卒生達の姿に、人間的な成長や頼もしさを感じるとともに、来春の吉報を確信したところでした。

 今後とも、連絡を絶やさず、既卒生に対しても精一杯の援助をしていきたいと思いま す。

   
   
   
   
  

 平成27年度 第3学年 宿泊学習会

 3年生は8月2日(日)~4日(火)の3日間、宮崎観光ホテルにおきまして、恒例の宿泊学習会を実施しました。総勢425名の生徒が3日間、寝食を共にして、自学学習に取り組みました。ホテルの大広間に425名の生徒が机を並べ、黙々と勉強に励む姿は圧巻でした。

 生徒達は予め立てた学習計画表に則り、例えば日頃、定着していない分野の学習にじっくり励む者や得意分野の学習を淡々と進める者など、それぞれのペースで学習に取り組みました。3日間で合計26時間という長丁場で、途中、睡魔に襲われる生徒もいましたが、そんな時は自ら立ち上がったり、絨毯に正座したりするなど、眠気と闘いながら学習を進めました。

 計画通り3日間の自学学習を成し遂げた生徒達には受験に向けての良い自信となったようです。

 【学習会場の様子】
   
 【質問会場の様子】  【豪華な夕食】
   

 九州大学訪問研修(オープンキャンパス)に行ってきました。

 本校2年生(希望者)が、九州大学訪問研修に行ってきました。

 文系学部(志望者73名)は7/31(金)~8/1(土)、理系学部 (志望者52名)は8/1(土)~8/2(日)に、それぞれ参加しました。1日目は駿台予備校において講話の聴講及び大宮高校OB・OGの先輩方との座談会を行いました。現役九大生の生の声を聞き、刺激を受け、積極的に質問をする姿が多く見られました。2日目は各志望学部のオープンキャンパスに参加し、実際に研究室を訪れるなどして大学における研究方法や文献・資料について見聞を深めました。参加した生徒からは「初めて知ることが多く、改めて自分の進路について考えるきっかけとなった」「これからの具体的なビジョンが明確になった」などの声が挙がっていました。

   
   
   

 鈴木晃彦先生進路講演会~Noblesse Oblige

 7月4日(土)の土曜講座では、山形大学・富士大学教授の鈴木晃彦先生をお招きし て、進路講演会を実施しました。先生は、東北の名門盛岡一高で長く教科指導や進路指導にあたられ、東日本大震災時には大船渡高校の校長先生として、生徒を亡くされたり、避難所生活の指揮にあたられたりと、幾多の経験をお持ちの方です。講演では、今を精一杯生きることの大切さを、震災前後に接した生徒さんのお話を交えながら、熱く本校生徒に語っていただきました。本当に本気になって行動しているか。呼吸しているだけではないか。今の自分を問われるお話に、会場全体が自分を見つめ直し、また頑張ることに力をいただいた時間となりました。

 この講演会は、毎年1,2年生とその保護者を対象に実施している会ですが、今回は是非3年生にも聴いてもらいたいという学年からの要望で、生徒1250名+保護者200名の、体育館が満杯の会となりました。あいにくの雨でしたが、多くの保護者の方にも参加していただき、いい時間を皆さんと共有することができました。ありがとうございました。

   
   
 

 ポスターセッション

 ブログでも紹介されていましたが、先日6月26日(金)6・7限目、一人12分の持ち時間を使って3年生全員がポスターセッションを行いました。これは、『総合的な学習の時間』に、3年生全員が志望学部(GGと呼んでいます)ごとに、各自の研究テーマを設定して、レポート作成、研究成果の発表、相互評価を行う本校恒例の行事です。 
 GGは、①文学、②語学国際学、③法学社会学、④経済学、⑤教育学芸術、⑥理学、⑦工学、⑧農学水産学、⑨医学歯学、⑩薬学、⑪看護医療技術、⑫生活保健の12系統で す。
 本校の『総合的な学習の時間』の目標である探求する力、それを理解しまとめる力、それを伝えるプレゼンテーション能力などは、1年・2年時の進路研究、小論文合評会、ディベート大会などの3年間の取組みがその基礎になっています。完成学年である3年生らしく堂々とセッションをこなしていく姿に頼もしさを感じました。

   
   
   
   

 浪人生激励会

 市内の予備校で、それぞれの「行くべき大学」に向けて浪人して頑張っている卒業生達への激励に行ってきました。卒業して早3ヶ月、捲土重来を期して早朝から深夜まで、妥協せず目標に向かってじっくりと努力している卒業生の姿に、頼もしさを感じました。旧3年担任の先生達も、久しぶりに元気で頑張っている生徒の姿を見て、少しホッとした様子。逆に元気をもらった感じがしました。卒業後も、連絡は絶やさず、精一杯の援助をしていきたいと思います。7月は、福岡で浪人している卒業生を訪問する予定です。

   
   
  

 平成26年度 東京大学訪問研修

 平成27年3月8日(日)~9日(月)の日程で、東京大学訪問研修を行ないました。行程は以下のとおりです。
3月8日(日) 大学構内見学:東京大学本郷キャンパス
       講演「難関大学現役合格に向けて」:
         駿台予備校お茶の水3号館(東大専門校舎)
       東大生・東大卒社会人(本校OB・OB)との座談会:同所
3月9日(月)  福島瑞穂さんの話(本校OB東大法学部卒):参議院議員会館
        国会議事堂見学
        大学構内見学:東京大学駒場キャンパス
 生徒からは「実際に自分の目で見、肌で感じ、先輩方のリアルな生の声を聞いたことで意識が高まった。自分がこれからすべきことが具体性を持って見えてきた」との声が挙がり、 今回の研修で大いに刺激を受けたようでした。
 後輩のためにご協力賜りました諸先輩方、ありがとうございました。

   
 東大赤門前にて。  安田講堂。あいにくの雨でした。
   
 学食を体験。「おいしいです。」  駿台予備校にて講演。
   
 駿台(本校OB)も激励に駆けつけてくれました。  真剣なまなざしです。
   
 東大生・東大卒社会人(本校OB)との座談会。  休み時間も質問に答えてくださる先輩方。
   
 福島瑞穂さんの話。質問が尽きませんでした。 時間ギリギリまで激励の言葉をかけてくださいました。
   
 国会議事堂見学。 現役東大生(本校OB)の案内で駒場キャンパス見学。 

 2年土曜講座

 1月31日(土),2月21日(土)に,選択制の土曜講座が実施されました。 土曜講座は「学びの質の向上」「幅広い視野の育成」「より高い学力の向上」を目的としています。各自が興味・関心にあった講座を選択し受講しました。

   
   

 2学年 大学出前講座

 10月4日(土)に2学年対象の「大学出前講座」を行いました。
 遠くは京都大学、近くは宮崎公立大学から講師(教授等)を招き、大学さながらの内容を講義していただきました。
 生徒は自分の進路希望をもとに講座を選択し、スライドを見ながら聞いたり、実験をさせてもらったりと、日頃の高校生活では体験できない学習をすることができました。
 大学での講義を実際にイメージすることができたのと同時に、大学進学への気持ちがますます高まったものと思われます。 実施した講座は以下の通りです。講義をしてくださった先生方、ありがとうございました。

   
   
   
   
   
   
   
   
  

 平成26年度 九州大学訪問研修

 理系学部は8月1日(金)~2日(土)、文系学部は8月2日(土)~3日(日)の日程で九州大学訪問研修を行いました。 文系学部は42名が、理系学部は77名の生徒が参加しました。

今年はまず1日目に北九州予備校と河合塾を訪れました。北九州予備校では実際に授業に参加する体験もさせて頂きました。 河合塾では大学入試の現状について講演を聞いたり、九州大学に通う本校OBOGの話を聞く座談会も行われました。 2日目は九州大学の3つのキャンパス(箱崎、大橋、伊都)を訪れ、オープンキャンパスを体験しました。大学の研究内容をじかに大学教授から説明を受けたり、 実際にそれぞれの研究室を訪問することで九大が一層身近に感じられる機会となりました。

【北九州予備校において】 
 数学の授業体験  講演「受験生の心構え」
   
 【河合塾において】 
 OBOGとの座談会  講演「大学入試の現状」
   
 【オープンキャンパスにおいて】  (九州大学箱崎キャンパス)
   
   

参加生徒に5段階評価でアンケートを行ったところ、今回の九大訪問の平均点は4.6で 生徒の満足度は高かったようです。生徒の声をいくつか紹介すると

○河合塾に行ったときに予備校生が九州大学に行くためにこんなにも勉強しているのかと正直驚いた。 自分が勉強不足だと感じた分、先輩から聞いた話を参考にこれからの学校生活を送りたい。
○実際に参加してみると何を具体的に学ぶ学科かがわかり、やる気が高まった。
○勉強へのモチベーションが上がった。今までぼんやりしていた気持ちが高まった。
○キャンパスの広さ、設備の充実ぶりに驚いた。是非この大学で学びたい。
○工学部電気工学科のバーチャルリアリティー技術を見て予想とは少し違っていたが、興味が湧く内容だった。

等々前向きな感想が多く、いい刺激を得ることのできた大学訪問になりました。

 3年宿泊学習

 3年生は、7月31日・8月1日に宿泊学習会を行いました。 1日目は90分コマに60分コマを挟みながら7コマ9時間半、2日目は110分コマを4コマの7時間20分、合計約17時間の自学自習を行いました。 これだけの時間を学習するのは初めてだという生徒も少なからずおり、受験に向けて自分もやればできるという自信につながったようです。

 両日とも台風12号の接近で時折視界がなくなるほどの強い雨も見られましたが、建物の中は快適な環境でした。 眠くなる自分や集中できない自分を叱咤し、黙々と学習に取り組む友人達の姿に励まされ、受験は団体戦を実感した生徒も多かったと思います。 残されたり半年の頑張りを覚悟する良い機会になりました。

   
  400名を超える生徒の学習風景は圧巻です。 学習風景
   
 会場案内板  学習開始時の先生のお話
   
 休憩時間に先生に質問  麦茶お冷やのサービスコーナー
   
 休憩時間① 休憩時間② 
   
 食事時間① 食事時間② 

 「3年生 学部学科研究(GG)ポスタ-セッション」

 総合的な学習の時間の一環として取り組んでいる学部学科研究(GG)のポスタ-セッションが、7月4日(金)2時間連続で実施されました。 1年次より行ってきたGG活動の集大成ともいえる今回のポスタ-セッション。 法学、経済学、工学、薬学など12のGGごとに分かれて、各自で研究テ-マを設定し、5月からの約2ヶ月間の研究の成果をまとめて本番に臨みました。 それぞれが創意工夫を凝らしたポスタ-を使って、時にジェスチャ-なども交えながら熱意のある発表を行い、また質疑応答でも熱い議論が交わされていました。
 3年生にとっては、自分の進路に対する意識をいっそう高めるとともに、興味関心の幅を広げる良い機会となったようです。

   
   

 「上智大学学長進路講演会」

 7月5日(土)の土曜講座は、10:40から80分間の日程で1年生、2年生とその保護者を対象に進路講演会を実施しました。 講師には、上智大学学長で本校OBの早下隆士先生をお迎えして、『魅力ある大学を目指して』という演題で、大学の進めるグローバル化の取り組み、 研究室の話から高校時代の思い出まで、広い視野でのお話をいただきました。
 上智大学の進めるSGU(スーパーグローバルユニバーシティー)への取り組みは、今年度宮崎大宮高校が指定を受けたSGHアソシエイツ(スーパーグローバルハイスクール連合)の大学版です。 将来、宮崎のみならず、日本や世界を舞台に活躍する人材を育成していくことは、本校のミッションでもあります。 先生のお話に刺激を受けた生徒諸君の今後の成長が楽しみです。
  梅雨の晴れ間で蒸し暑いお昼前ではありましたが、写真のように体育館後方は保護者の方々でいっぱいとなりました。 今回の講演にご尽力していただいた同窓会の皆様、ご協力ありがとうございました。

   
   
 

 志望校検討会

 7月28日(月)1学期末考査3日目に第1回3年志望校検討会が行われまし た。 3年担任、副担任、教科担任全員で、生徒一人一人の成績や進路希望状況を確認し、その進路希望達成のために必要な今後の全体的な取り組みや、各クラスの課題、本人へのアドバイスなどを相談しました。  
 今や大学は「大学全入時代」から「大学淘汰の時代」に入り、『行ける大学』ではなく『行くべき大学』を選ぶ時代になっています。 このグローバルで課題山積の時代を生きていくために、それぞれの生徒の『行くべき大学』のための進路指導と、その後押しをする学習指導はいかにあるべきか、丸1日をかけた協議の内容は、三者面談などの場を通じて生徒に還元されます。

   

 4月16日(水)歓迎遠足

 

 当日は天候にも恵まれて、絶好の遠足日和となりました。 総務スタッフを中心に、学年の垣根を越えたレクレーションなどが実施され、大いに盛り上がりました。 また、午後からはクラスでのレクレーションも行われ、クラスでの絆を深めているようでした。

 新入生オリエンテーション

 4月11日(金)、14日(月)、15日(火)の3日間で、新入生オリエンテーション を行いました。国語・数学・英語のガイダンスや、講話などの時間の中で、大宮 高校生としての自覚が芽生えてきたことと思います。新入生の皆さんは、一日も 早く稚心を去り、自分自身で行動できる力を身につけ、明るく楽しい高校生活を送れるよう努めましょう。

   
 学習面に関する講話 生活面に関する講話 
   
 国語ガイダンス 数学ガイダンス 
   
 英語ガイダンス  大宮、進路に関する講話

 H26入学式

 4月10日(木)普通科326名,文科情報科83名、総計409名が本校への入学を許可されました。 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、式典に際しましては、多くの来賓・保護者の方にお越しいただき,ありがとうございました。   入学式後の生徒会入会式では、応援団によるエールで新入生の門出を祝いました。 新入生のみなさん、宮崎大宮での3年間のはじまりです。仲間と共に高めあい、互いに切磋琢磨しながら、それぞれの夢へ向かって高校生活を送ってください。

   
学校長式辞 新入生代表宣誓 
   
 生徒会入会式での在校生代表挨拶 生徒会入会式での新入生代表挨拶 
  
 応援団によるエール