宮崎県立宮崎南高等学校
SCHOOL INTRODUCTION(学校紹介)
宮崎南をめざす皆さんへ
学校の沿革
校章の由来
校歌
教育目標
フロンティア科
進路状況
部活状況
学校いじめ防止基本方針
学校評議員会
その他の情報
SCHOOL LIFE(学校生活)
教育課程
南高生の一日
鵬祭(おおとりさい)
生徒作品集
海外研修
学習
CLERICAL WORK(事務)
入試
高校説明会
証明書
南高校のここが知りたい
アクセス
校内案内
INFORMATION
最近の話題
保護者の皆さまへ
鵬同窓会
行事予定
創立物語
甲子園物語
 
Emblem of a school
鵬の校章はどうやってうまれたのだろうか
幻の初代校章
 宮崎大淀高校(現宮崎工業高校)に間借りした形で初年度を迎えた宮崎南高校は、当時、宮崎大淀第二高等学校と呼ばれていました。『希望の湧かない、ただ長いだけの名前』(佐伯初代校長)でした。

 昭和37年(1962年)4月10日の第1回入学式を目前にしたある日、職員の一人がはっとしたように言いました。

 「校章はどうするのか」

 さっそく金谷向陽堂を呼んで既製品の帽章を大阪に注文し、入学式に間に合わせることにしたそうです。
 そのときの校章は、銀色の五三の桐があしらわれていました。現在の校章ではなかったのです。
校章の写真
採用された『おおとり』


 次の年の3月、帽章も何とかしなければということになり、先生たちから図案を募集することになりました。何十枚かの図案が集まったそうです。最終審査の結果、小野先生の図案が採用されました。
 三方に延びる直線は大海の上を飛ぶ鵬(おおとり)を表し、黒潮の波頭がまとっているデザインです。

 これは大空に羽ばたく若者の学び舎にぴったりでした。

 この鵬が、柔道場の『育鵬館』の名称となり、体育文化祭の『鵬祭』の名前になっていったのです。
 また、後に生まれる『図南飛翔』(となんひしょう)という言葉も、この鵬からうまれたといっていいでしょう。

 南高校で行なわれる『鵬祭』のオープニングでは、実行委員たちが夏休みの間かけて作り上げた鵬が披露されます。
ページトップへ
宮崎県立宮崎南高等学校
宮崎県宮崎市月見ヶ丘5-2-1
Phone:0985-51-2314
Fax  :0985-51-0607