学校紹介(About Us)
宮崎南をめざす皆さんへ
学校の沿革
校章の由来
校歌
教育目標
フロンティア科
進路状況
部活状況
学校いじめ防止基本方針
学校評議員会
パンフレット&制服
学校生活(SCHOOL LIFE)
教育課程
南高生の一日
鵬祭(おおとりさい)
生徒作品集
海外研修
学習
年間行事予定
事務情報(OFFICE)
入試
高校説明会
南高校のここが知りたい
証明書
アクセス
校内案内
お知らせ(INFORMATION)
最近の話題
保護者の皆さまへ
鵬同窓会
創立物語
甲子園物語
平成29度 フロンティア科「第5回 出前講座」
 
1.日 時
  平成29年10月19日(木)  14:40〜16:00(80分)
2.講 師
  九州保健福祉大学保健科学部作業療法学科 立石 修康 先生
3.演 題
  「 手の不思議 」
生徒感想文
1年I組 安留 菜々美 (赤江中出身)
 今日の講話は、最初は難しそうな人間についての話なのかと思っていましたが、全くそんなことは無く、本当に面白くて「手」についての疑問が明らかになり、こんなに楽しく学べたのは初めてでした。私たちが生きていく中で、手はとても大切で必要不可欠な存在だと思います。けれども、今まではそれを当たり前のように感じていた部分もありました。何に一番驚いたのか分からないくらい初めて知ることばかりで、驚きの連続でした。受け身の授業では無く、自分から興味を持って積極的に学ぼうとすれば、こんなに勉強が楽しくなるんだなと感心しました。高校3年間で学ばなければならないことは山ほどあり、私はたまに「どうして勉強しなければならないのか」と疑問を持つことがあります。その時に出てくる答えはいつも「大学へ行くため」でした。結局、今までの私は大学進学をゴールと考えていたことが分かりました。けれど、立石先生の講話を聞き、勉強する本来の意味は「豊かな人生を送るため」だという新たな答えを見つけることができ、今後の人生に役立つことが学べました。
ページトップへ